Inisheer, Ireland - アイルランド アラン諸島 イニシア島の風景

北の果て、西の果て、東の果ての風景写真

2018-04-08

Inisheer | イニシィア島

(※写真をクリックすると拡大表示されます。)

IMG_4393-2.jpg
イニシィア島はアラン諸島の中で一番東にあります。アイルランド語の”Inis”は島、”Oírr”は東という意味。”Oírr”は”ィア”と発音します。 島の面積はおよそ10㎞²、アラン諸島の3つの島の中で一番小さい島。本土のドゥーリンの港から8キロの距離、フェリーでおよそ30分。まるで南の島にでも来たような美しいビーチでした。
IMG_5909.jpg
島の何処にいても、3つの建物が見えます。写真左から、14世紀のオブライエン城跡、1804年ナポレオン戦争時に建てられたシグナルタワー、そして一番奥に見えるのが1885年に建てられたナショナルスクールの廃墟。
IMG_5846.jpg
廃船プラッシー号 - The Plassy Shipwreck。1960年、猛烈な嵐に遭遇し岩場に激突した貨物船。乗組員11人全員が、島の人達によって無事救助されました。島の向こう側に”モハーの断崖”が見えます。90年代にBBCで放送されたコメディードラマ『テッド神父』のオープニングに、上空から撮影したイニシィア島の景色の中にプラッシー号の映像が流れてから有名になったそうです。

IMG_5743.jpg
オブライエン城跡 - O'Brien's Castle。14世紀にこの地を支配していたオブライエン家によって建てられました。1582年にはコネマラの”オフラハーテイ”一族に城を奪われ、さらに1652年クロムウェルのアイルランド侵略によって破壊されてしまいました。

IMG_4321-2.jpg
セント・ケビィン教会跡 - The ruins of St Cavan's Church。初期キリスト教時代の教会跡。10世紀に建てられ、その後砂に埋もれ忘れ去られていた教会。1890年、嵐があった時に見つかったそうです。墓地の真ん中、大きな窪みの中に突如現れた、タイムマシンのよう。

IMG_3952-2.jpg
島に縦横無尽に張り巡られた石垣の中で出会いました。羊というよりは、馬、牛、ロバが多くいました。みんなとても大人しくて人懐っこい。昔はロバさんも厳しい自然の中、重い荷を背負い、島の中を行き来する大事な島の働き手だったのでは。
イニシィア島 ギャラリーLinkIcon

IMG_5761.jpg
石垣の中で草を食む牛の親子。ちょうど牛の体がかくれる位の高さに石垣が積み上げられており、島を通り過ぎる強風から身を守れるようになっています。石垣の間はパッチワークのように緑が映える風景が広がっていますが、元は土がなく石灰岩で出来た島。島の人たちが、岩を砕き、その間に浜辺の砂と海藻を混ぜ合わせて土壌を作ってきました。

(※写真をクリックすると拡大表示されます。)

HOME > Aran Islands > Inisheer #2