ニューファンドランドへの旅

ニューファンドランドへの旅


カナダ東部 ニューファンドランド&ラブラドール州

2017-07-28


「Welcome to Newfoundland !」島の人達から声がかかります。
「日本からこんな遠くのニューファンドランドに来てくれてありがとう」
という暖かい気持ちが込められているのが伝わってきます。
私達がニューファンドランドを旅することになったきっかけは、
ラッセ・ハルストレム監督の映画『シッピング・ニュース』を見てからでした。
島に吹き付ける厳しい風と波の音、荒々しい海岸線、
岩場にしがみつくように建つ家々の風景にすっかり魅せられてしまいました。
映像はもちろんのこと、クリストファー・ヤングの音楽も
島そのものを表現していて、太古からの壮大な時の流れを感じました。
イギリスやアイルランドから大西洋を渡ってこの島に辿り着き、
たくましく暮らしていた映画の主人公クオイルのご先祖のことを考えると、
ケルト系の音楽だったのも頷けます。

島の人達は自分達のことを「ニューファンドランダー」と呼んでいました。
ニューファンドランド島がカナダに加入したのは第二次世界大戦後。
それまではイギリスの自治領でした。
島を周って感じるのは、カナダでもないイギリスでもない、
まさに「ニューファンドランド島」、
厳しい自然を受け入れて暮らす人々の強さを感じます。
スコットランドのオークニー諸島へ行った時も、
自分たちはスコットランド人でもましてやイギリス人でもなく、
「オーケディアン」だと言っていたのを思い出しました。

島には東西をつなぐ国道1号線と、南北に突き出た半島へ向かう道があります。
西部には2箇所も世界遺産があるので、州都のセント・ジョーンズから、
すぐに西部へ行くコースが人気ですが、
メインのルートから外れてみるのもお薦めです。
「アウトポート」と呼ばれる、小さな漁村が入江に佇む風景や、
思いがけない地元の人との出会いも楽しみの一つです。